◆***  青年・女性 委員会だより ***◆

■ 最優秀賞を獲得!「第23回長野県青年・女性建築士の集い」2011/02/28(月曜)

2月26日(土)に第23回長野県青年・女性建築士の集いが千曲市・戸倉上山田において開催されました。
当支部では池工版デュアルシステムにおける活動を
テ−マ「夢を育む〜池工版デュアルシステム研修生徒受入れ〜」として、発表をさせていただきました。
結果は見事!最優秀賞となり、長野県代表として関東甲信越ブロック大会への切符を得ることとなりました。
ご協力をいただいた会員及び委員の皆さん、ありがとうございました。
次年度開催の関ブロ長野大会へのご協力とあわせて、今後もよろしくお願いします。

18_1.jpg 18_2.jpg



■ 池工版デュアルシステム生徒発表会2011/02/28(月曜)

今年度、当支部では池田工業高等学校の人材育成プログラムである「池工版デュアルシステム」において、研修生徒受入れ団体のひとつとなり、次代を担う地域の人材育成に貢献することを目的とした活動を行いました。将来、建築設計の仕事に就くことを希望する生徒さん2名を受入れ、4月30日から1月14日迄の計18回にわたる研修を終え、
2月17日に学校において、生徒発表会が開催されました。生徒さん自身により約1年間の成果が発表され、締め括られました。

池田工業高等学校さんより感謝状をいただきました。改めてこの場を借りて感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。
また、学校関係者の皆様と会員の皆さんのご協力をいただくことで、この事業を行うことが出来ました。ありがとうございました。

16_1.jpg 16_2.jpg



■ 池工版デュアルシステム発足式2010/04/26(月曜)

15_0.jpg 今年度の当委員会の事業のひとつである「池工版デュアルシステムの受入れ」。
4月22日(木)に池田工業高等学校において発足式が開催されました。
将来、設計の道へ進むことを希望する建築科の生徒さん2名を
当支部で受け入れます。
テ-マとしている信州環境ECOコンテストの最優秀作品「バスストップの具現化」は、学校さんや生徒さんの要望等の事情により見直しもありそうですが、人材育成を通じて社会貢献をすることに変わりありません。
今後、会員のみなさんの協力を求めることもありますが、
よろしくお願い申し上げます。

尚、実施は4月30日(金)にスタ-トをして、来年1月頃までの計20〜24回の研修の予定です。
予定、経過等は随時お知らせしていきます。
(青年・女性委員会 竹内)


■ 建築士免許証交付式2010/03/19(金曜)

平成22年3月19日、建築士免許証交付式が行われました。
(委員会だより:総務情報委員会参照)
式閉会後は、建築士会員として仲間に加わっていただきたく、
建築士会、及び支部活動など紹介をさせていただきました。
(青年・女性委員会 竹内)

14_1.jpg



■ 「第22回長野県青年・女性建築士の集い」2010/03/01(月曜)

2月27日(土)に第22回長野県青年・女性建築士の集いが木曽駒高原ホテルで開催されました。
当支部では、大町の商店街で行った青年部祭における出展の活動を
テ−マ「まちに行こう!!建築士」として、発表をさせていただきました。
残念ながら、長野県代表として関ブロ茨城大会への切符を得ることは出来ませんでしたが、
参加者のなかには、当支部の活動内容に興味を持っていただいた方もいたように思います。
今回は発表者として、藤林君にお願いをしましたが、見事な発表でありました。
尚、最優秀賞は諏訪支部さん、優秀賞は安曇野支部さんでした。

当日参加された委員の皆さん、そして、プレゼンの準備等に協力いただいた委員のみなさん、
ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。
(青年・女性委員会 竹内)

13_3.jpg 13_4.jpg



■ 「建築士会活動紹介ブログ」のご紹介2010/02/18(木曜)

◆建築士会活動紹介ブログ
 (関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会運営)
 http://blog.livedoor.jp/kentiku4/

関東甲信越及び全国の青年建築士の活動、
また、日々の仕事に役立つ情報や案内等が掲載されています。
是非ご活用ください。


■ 東京建築士会〜イベント〜ご案内2010/02/18(木曜)

東京建築士会さんよりイベントのご案内がありましたのでお知らせします。
----------------------------------------------------------------
東京建築士会・環境特別委員会主催の環境系セミナー
「脱ヒー トアイランド」が3月27日(土)に開催されます.
詳しくは,こちらです↓
http://blog.livedoor.jp/kentiku4/archives/1459846.html


■ 神奈川県建築士会〜セミナ−&イベント〜ご案内2010/02/18(木曜)

神奈川県建築士会よりセミナ−とイベントのご案内がありましたので
お知らせします。
----------------------------------------------------------------
(社)神奈川県建築士会青年委員会 主催
スキルアップセミナー
『エネルギーをつかう家から、つくる家へ』
〜これからの建築におけるエネルギー対策は、省エネ・低炭素 両面利用へ挑戦〜

趣旨:現在、家庭におけるCO2削減とエネルギー有効利用の鍵を握ると注目されている燃料電池技術。その認知向上のための「エネファームで環境立国ニッポンへ」の共同宣言を揚げ、関係業界・団体が連携して普及活動を推進していますが、なぜ燃料電池は地球環境に貢献できるのか。その技術の先にはどのような未来が広がっていくのだろうか。今回、東京ガス鰍ノご協力いただきマイホーム発電「エネファーム」の技術紹介を行います。

内容:@現在の住宅におけるエネルギー消費量について
Aマイホーム発電とは
BCO2排出問題、省エネルギーの推進
C「エネファーム」の特徴
D設計、施工にあたり留意点
   E質疑、応答

開催日時:平成22年2月24日(水)18:30〜20:30(受付開始18:00〜)
会  場:横浜市開港記念会館2階6号室(住所:横浜市中区本町1-6)
講  師:東京ガス樺S当者  定員:80名
参加費 :会員・非会員とも500円 (※当日会場にてお支払いください。)

----------------------------------------------------------------
(社)神奈川県建築士会活動交流会

『残したい!伝えたい!!』〜歴史的建築物を後世に〜

■開催日時 :2010年3月14日(日)

■プログラム:13:00〜18:30(12:30受付開始)

 □オプション企画:11:00〜12:00
「開港記念会館の見どころ解説」

■開催場所 :横浜市開港記念会館 講堂
(横浜市中区本町1-6)

■申込み・問合せ先:神奈川県建築士会活動交流会実行委員会
TEL:045-201-1284 FAX:045-201-0784
Mail:jyosei_seinen@kanagawa-kentikusikai.com
----------------------------------------------------------------
◆詳細はこちら↓
http://www.kanagawa-kentikusikai.com/iinkai/jyosei_seinen/joint/


興味のある方は当支部青年女性委員会・竹内までお問合せください。
Mail:take-archi@office.email.ne.jp
申込み案内書を送付いたします。


■ 青年女性委員会会議のお知らせ2010/02/05(金曜)

 会議を下記により開催いたしますので、御多忙中恐縮ですが御出席をお願い致します。
 尚、出欠の有無を必ず事務局へ2月15日(月)までにご連絡下さい。

1.日時  平成22年2月17日(水)19:00〜21:00
2.場所  大町市総合福祉センタ−・2階会議室
3.議題  @第22回青年・女性建築士の集いについて
      ・発表・プレゼンのまとめ、確認
      Aその他

*開催場所が通常の委員会と変わっております。ご注意ください。

◆当支部では、地域実践活動として「青年部祭出展」について発表をします。今回は当日のプレゼンの練習を兼ねますので、これまで委員会活動の参加したことのない方や集い当日に参加できない方も、どんな活動をしているかを知る機会となります。ぜひご出席ください。


■ 青年女性委員会会議のお知らせ等2010/01/25(月曜)

会議を下記により開催いたしますので、御多忙中恐縮ですが、ご出席をお願い致します。
 尚、出欠の有無を必ず事務局へ2月1日(月)までに連絡をお願いします。

1.日時  平成22年2月3日(水)午後7:00〜
2.場所  建築資料センタ−1階
3.議題  @第22回青年建築士の集いについて
       ・発表・プレゼンの件
      Aその他

----------------------------------------------------------------
◆関東甲信越建築士会ブロック青年建築士協議会(関ブロ)「長野大会」について
 来年(平成23年)開催の関ブロ長野大会は松本市を会場として行われる予定となりました。今年、開催に向けて準備を進めていくに当り、特に中信ブロックの各支部の青年女性委員の皆さんが主力となります。当支部の委員の皆さんにおかれましても、今後益々のご協力をいただくこととなりますが、よろしくお願いいたします。(青年女性委員会・竹内)

[直接移動] [先頭] [1] [2]
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y22c4 :Edit by Yamamoto -
- Tomo_20050821a-thb1 : Edit by tomokun -
- resize.pl - -